適したケアのために目尻のしわの原因を知ることから始めましょう

skin care

女性のイラスト

目尻にしわが出来る理由

浴びすぎには危険な紫外線

太陽と女性のイラスト

目尻にしわが出来てしまうのは、加齢が主な原因ではなくて紫外線などによる影響が75%を占めるという結果が出ています。紫外線を浴びることは悪いことではないですが、浴びすぎてしまうと真皮のコラーゲンが破壊されてしまい、エラスチンが減ってしまいます。その結果、肌のハリや弾力が不足して目尻のしわが目立ってしまいます。紫外線かたお肌を守るのは大切なことと言えるでしょう。

原因は一つだけではありません

目尻にしわができる原因は一つとは限りません。予想もしていなかったことが理由の可能性もあるため、きちんと何が原因になっているのかを知っておきましょう。原因を把握しておくことで、次から気をつけることができます。

肌トラブルを招く夜更かし習慣

落ち込む女性のイラスト

目尻のしわが出来てしまう原因の1つに睡眠不足が挙げられます。意外にも睡眠不足の状態が続いてしまうと、確実にお肌の老化を進めているためしっかりと睡眠を取ることが大事になっていきます。人の身体は睡眠中になると細胞分裂が盛んに行われます。睡眠時間が少ないと、全身の細胞を一新することが出来ずに古い角質が蓄積された状態になります。その状態が続くと肌のターンオーバーが乱れて、しわなどの肌トラブルが発生します。

年齢とともに発生してしまう

歳を重ねることに顔にしわが出来てしまうのは自然の現象とも言えます。お肌の老化や目尻にしわが出来てしまう原因として女性ホルモンが関係しており、加齢で分泌量が減少してしまうと女性ホルモンのエストロゲンがだんだんとしわを増やしてしまいます。このエストロゲンを増やすためには、大豆イソフラボンなど女性ホルモンに似た性質を持っている成分を積極的に摂取することが良いでしょう。

気温や湿度による影響

季節によってジメジメしていたり乾燥したりしますが、そういった湿度や気温差も肌には影響を与えます。秋から冬にかけて気温は下がり乾燥しやすい季節になると、肌に含まれている水分も無くなりやすくなってしまうため適度に水分補給をすることや、入念な保湿ケアが大切になってきます。